business man

インターネットを利用

IPフォンの仕組みについて

IPフォンという言葉を聞いたことがあると思います。電話といえば、昔ながらの家の固定電話と携帯電話が主なものになると思います。(正式名称は「インターネットプロトコル電話」です)通常の固定電話との違いは、固定電話では交換機を使用するが、IPフォンでは交換機の代わりにIP電話サーバーを使用します。IPフォンで有名なのは、ひかり電話があります。これは光ファイバーのインターネット接続サービスと合わせて、IPフォンを使うサービスになります。このインターネット接続サービスが多くの世帯で使用しており、ひかり電話(IPフォン)にしている世帯も多いので広く活用されています。IPフォンとは何かと思うことが多いと思いますが、浸透しています。

使用した場合のメリット

IPフォンにした際のメリットについて考えてみます。まずは電話代が安くなる点があります。電話の基本料は固定電話より、かなり安くなります。また、固定電話のように市内・県外で料金が異なることもありませんので、通話料金も安くなります。また、IPフォンを使用するにあたり、専用の電話機を用意する必要もなく、今までの電話機がそのまま使用できます。IPフォンのデメリットとしては、110番うや119番などの緊急電話番号にかけられない場合があります。また、NTT関連の104・106にもかけられません。フリーダイヤル(0120)については、プロバイダによりかけれることも出来ますが、かけれないプロバイダもあります。IPフォンにはメリットも多いですが、デメリットもありますので確認をしておきましょう。